紫陽花の花束を

独り言から遊戯王、模型などなど思うがままに書いていく

魔女の泉2 感想兼紹介

本格的な感想は中盤からです。そこから読まれたい方は4枚目の画像(appstore2枚目)の下から読んでください。とりあえず1回クリアしてクリア後要素は軽く触れましたが、クリア後の要素に関して一部曖昧です。ご了承ください。



さすがにソシャゲには飽きた。
本来片手間でやるはずなのに本業になってしまうソーシャルゲーム。ただガチャを回すため、レベルを上げるためだけにひたすらに走り続け、引いたキャラ、強くなった武器でまた走り続ける…。ウルトラマン風にいうなら「血を吐き続けながら続けるマラソン」、それが今のソシャゲ。つらいし、流石に飽きた。そのうち(一週間以内)戻るけど今はもう飽きた。完全に生活に組み込まれてるあたりが恐ろしい…

なら「なら別の物で満足するしかねぇ!」と妥協満足するためにもアニメを見たり、漫画を読んたりとしたが、それでもゲームはしたい。でも、スマホでやりたい。

なので久々にAppStoreを漁った。ただ、売り切り型*1タイプのゲームでソーシャル要素のない普通*2ゲームがやりたかった…のだ…。

しかしそんなゲームはほぼ無い。マイクラのようなスキンのようなファンアイテムや、印税の問題もあるだろうしなぁと納得できる音ゲーの追加楽曲ならともかく、なんでシュミレーションゲームで「さらに課金しないと100%楽しめない」という状況を作るのか…*3
まあ、騙されてもいいやくらいのレベルでランキングを開いたところ気になるアプリを見つけた。しかもなんか可愛いし、評価もやたら高いな…と思った。


(注釈:画像は7月21日のものです)
今回は完全に有料のを買う気満々だったので思い切って買って見た。(セール中だったので240円!安い!というか元値の480円でも十分安い!)

まずは全体の感想を。
素直に面白かった!!主人公も可愛い!
レベル制やランダムエンカウントを無くすといった工夫や新鮮さがありながらもシンプルな作りとなっており手軽に楽しめます。ストーリーも短いながらも丁寧に作り込まれていて本当にその値段でいいのかと思ってしまいました。(短いと書きましたが、それはRPGとしての話で、スマホゲームとしては間違いなく十分です。後述しますがED分岐やクリア後要素もありゲーム全体としては普通にボーリューミーです。)不満点はありますが、それも小さく、それ以上にユーザーフレンドリーな要素も多かったので全体として無視できるものばかりです。
間違いなくオススメできます。


というわけでいくつか紹介

システム

個人的に一番気に入ってるのがシステム周り。
前述のようにレベル制を廃止しているため能力値はアイテムや体力や魔力を消費して特訓することで上昇します。プレイしてたらアイテム、金は十分に貯まりますし、無限に特訓する必要もありません。(拠点のベッドで寝ることで体力や魔力は完全にノーコストで回復できるので一応ゴリ押しもできます。)
これもまた先程触れましたが、このゲームにランダムエンカウントはありません。フィールド上にいるキャラクターに近づくことで戦闘することができます。

戦闘に入る前には敵のステータスが表示されるので今の体力や魔力と相談して戦闘に入ることもできます。ただ、一部の敵は近づいただけで逃げられない強制バトルとかもありました。(主に大型のモンスターなので遠目で見て判別は十分に可能)ですが最悪敗北してもオートセーブ地点へと、いくらか時間が巻き戻るだけなので、積極的に攻めに行くのもオススメです。それ故RPGの醍醐味のギリギリの戦いに負けてもそこまでデメリットがないので心置きなく楽しめます。

ただアイテム整理ができなくズラーっと並べられるタイプなので几帳面な方だと気になる方はいらっしゃるかもしれません。ですが基本的に戦闘中に使うアイテムが少なく、お気に入り登録ができるのでそこまで問題ではありません。

キャラ

まず、特徴的な所から。先程の一枚絵の通り主人公の種族は耳がうさぎのようにでろーんと垂れてます。所謂、人外っ娘系です。まあ耳くらいなんですけどね、見た目で人のパーツと違う所は。そして、画像だと少し分かりにくいのですが、ニーソと太ももの間の段差だったりこだわったチムチ感があります。

他にも3Dモデルもこだわりを感じます。これは拠点でベットに寝る時なのですが、これ、専用のパジャマモデルなんですよね…内股だったり女の子女の子してて、最初見たときは「細かいな…」と驚きを隠せませんでした。
ユーザー目線に立ってるといえる話です。劇中主人公が普段と別の衣装を着ます。そしてその後普段の衣装に戻るのですが、この手のものって大体着替え対象ってまた着れることって少ないんですよね…
そんな悩みをかき消すように、クリア後限定ではありますが別衣装に着替えれます。個人的にこちらの方が好きだったので嬉しいです。これもクリア後ですがゲーム内で稼いだ金で別の衣装まで買えます。

ボリューム

普通に多いです。マップ全体も広く、1つ1つの場所も大きすぎず小さすぎずといった感じです。移動に関しては早々に仲間になるペット*4が移動速度を大きく上げてくれる上に、どこからでも拠点に即時帰還できます。また、拠点からは各地の転送魔法陣的なのにワープできることもあり、移動のストレスはほぼありません。

トーリーも5章構成ですが3章は体感短めでした。ただ、クリア分岐やサブイベ、クリア後要素もあるので普通にやり込み要素は高いです。
むしろクリア後に行けるところが結構増えるのでクリアしてからもかなり遊べそうです。
これで480円*5安いです。あまり金金言いたくないのですが安いです。面白い!多い!安い!が両立してます。


自分が言えることは、買って見て欲しいってことです。何度も言いますが安いですしね。10月に新作も出るようなので自分は1を買ってこようと思ってます。
アンドロイド、iOSの両方に対応しているみたいなので気になったらググってみてくださいね。

*1:一度購入した後に所謂DLCや一定度進めないと解放されない要素を最初から解放する権利を販売しない販売方法、一言で言えば昔のファミコンとかゲームボーイで発売されたようなゲーム

*2:ここでは前述のような売り切り型かつ数世代前のようなネット接続を前提としないゲームを指す

*3:具体的にはplague inc.のシナリオパックなど

*4:戦闘を補助したり、移動スピードをあげたりしてくれるお助けキャラ

*5:筆者購入時はは240円